RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

寅の知

Yet Another JUGEM.
第87回『戦後すぐぐらいの大阪』
車内で漫画本を出して見ている。
大学生らしい。
公衆の中で漫画本を読む。
それが大学生。
大正生まれの私には不思議に思う。
我々が小学生時代に、
漫画本を読むのは親に隠れ内緒で読んだ。
大人に見つかると、
怒鳴られて叱られた。
それでも少年少女雑誌には漫画も載る。
何と変われば変わるものと驚く。

戦時中、
国民は総動員で召集令状を受け取らぬ者は、
大会社等に徴用され会社の宿舎に寝泊りをする。
敗戦と同時に全員解放され、
故郷に一斉に帰るから、
交通機関は未曾有の混雑。
それに加えて、
皆はリュックを背負う。
駅に入る列車は、
どの列車も鮨詰め状態。
待っていると何時乗れるか心は焦る。
貨物列車も引用する。
心は焦る。
貨物列車も引用する。
心は焦る。
貨物列車に無理に乗り込むと、
豚がブウブウと迎える。
豚と仲良く同車。
かたや牛の貨物列車に同伴して生まれ故郷へ。
留守を守る家族達突然の帰郷で、
嬉しく迎えるが、
サテ、
食糧難に悲鳴をあげる。
田舎は何とか食いつなぐが、
都会は食い物も無く、
空襲で焼け残った衣類や珍しい物を持って、
田舎に買出しにリュックを背負い行く。
田舎の農家の人たちのご機嫌を取り、
泣き付き手に入れた食い物を背負い、
満員列車に押し込められて乗り込む。
列車内騒然と、
浮き足立つ闇商人の一斉取調べ。
早朝より必死な思いで、
やっと手に入れた、
家族の今夜の食料の米も、
米の移動証明無く、
家族の命綱の食料も遠慮会釈も無く没収されるが、
走る列車内、
逃げ口も無いが、
中には荷物と共に飛び降りて、
難を逃れる闇屋もいるが、
殆どの者は言い訳聞かれず、
命の食料を没収の憂き目。
家では家族が今夜のご飯を楽しみに待つ。
中には幼い子供に持たすが、
それもはかない一時逃れ。

雨の日。
二階の窓より眺める目に、
道路の中程に馬糞が盛り上がる中に、
一握りの米が散乱する。
一粒々を拾い手の平に置く。
全部を拾い立ち去る。
あの米食べるのであろうか。
水で洗えば知らぬ人は米と見るだろう…。
平和の人々の想像を絶する食料捜し。
米と交換出来る何かを持つ者はまだ幸せ。
空襲で全部を焼かれて、
逃げ出した人々は人の捨てた残り物を漁る。
子供の躾どころか、
食い物捜しに目の色を変える親達。
こうして毎日は過ぎ行く。
| 番外編 | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |